外壁塗り替えのタイミング

外壁には、家をきちんと守れる期限があります

現在お住まいの家の外壁について、考えてみたことはありますか? 例えば前回は、いつ外壁塗装をしましたか? 新築の方は、いつが最適な塗り替え時期なのでしょうか。住み続けていれば、美観や住まいを守るためにも外壁には必ず塗り替えが必要です。今「そういえば……」と思った方は、ぜひ地元浅口郡里庄町・浅口市・笠岡市・井原市を中心としたエリアで外壁塗装や外壁リフォーム、屋根工事を承っている「アイペイント」にご相談ください。

こちらでは、外壁塗装の塗り替えについて、最適なタイミングや目安についてお伝えします。

外壁塗装の塗り替えタイミング

外壁は、住まいを守る「要(かなめ)」です。どんなに堅固な外壁であろうとも、寿命は必ず訪れます。素材や塗料の種類、立地、気候などによって塗り替えのタイミングは異なりますので、定期的に外壁をチェックしてその塗り替えのタイミングを逃さないことが肝要です。

最適なタイミングとは?

最適なタイミングとは?

壁の材質や使う塗料などの耐久性が良くなり、近年では相当な期間、そのクオリティを保てるようになりました。難しいのは建物によって、個体差が激しいことです。贅を尽くした邸宅と一般的な販売住宅では事情が異なりますし、気候の厳しい土地の住宅と温暖な気候の住宅とでも、条件が異なります。その差は、5年から20年と開きはありますが、一般的には10年から12年程度の期間で塗り替えができれば、建物のメンテナンスとしては理想的でしょう。

塗り替えの目安

塗り替えの目安

家は私達が思っているより、遥かに厳しい天候気候条件にさらされていて、毎日負担を強いられています。しかしほとんどの場合、外壁は10年程度を目安に定期的に塗り替えれば、美観を損なうこともなく、またダメージを与えることなく家の機能を保つことが可能です。

10年に満たない期間であったとしても、ひび割れや剥がれ、汚れなどは気づいたときに補修する必要がありますし、サビやカビ、腐食と言った湿気が原因の症状はすでに内部にまで被害が及んでいる可能性があるので、外壁補修にとりかかる必要があります。まだ新しいから、リフォームしたばかりだからと言って、決してこれらの症状を侮ってはいけません。

最適なタイミングで外壁塗装をするメリット
雨や台風などの自然現象による水の浸入を防ぐ

住まいそのものを補強できるので、家が長持ち。資産価値も上がります。

費用を軽減できる

せっかくのタイミングを逃し、手の施しようがないほど傷んでしまった場合、塗装に入る以前の補修だけでも作業日数や費用を取られてしまいます。

チョーキング現象
外壁のダメージは紫外線や雨風などの自然が及ぼすものだけに限りません。塗料自体の劣化が原因になっているチョーキング現象があります。チョーキング現象とは、外壁を手で拭ったときにチョークのような粉が付着する現象です。この場合、すでに外壁塗料の防水効果がなくなっていることを意味するので、経年の度合いにかかわらず、すぐに外壁塗装を検討することをおすすめします。